優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

【お題】1000文字小説

スポンサードリンク

この13日から16日は新潟に帰省する予定を立てている。

なのでこの間更新する記事は予約投稿で対応しようと思う。

 

今回は4コマ祭りではなく、夫さんから貰った4つのお題で4日間の記事を埋めていこうと思う。

そんな三日目の今日のお題は、『1000文字小説』である。

 

1000文字小説

1000文字小説大好き侍の私のことを考えてのテーマなのかなんなのかよくわからないけれど、今回はこのテーマでお送りしよう。

私はカクヨムで先日まで1000文字小説の連載を20週行っていた程度には1000文字小説が好きだ。

kakuyomu.jp

なんとなく続く生活の一コマを切り取ったり、感情の小さな機微が起こる瞬間を切り取ったり。そういうワンシーンの掘り下げの勉強になったりする。

 

私が1000字小説、というかSS(ショートショート)を好きになったのには『超短編小説会』というHPが一枚噛んでいる。

『超短編小説会』というサイトは文字通り、3000字以内の超短い小説を投稿し感想を語り合うサイト。私はこのサイトに中学1年生の頃から入り浸りSSを書いては創作活動に勤しんでいた。

超短編小説会は一度閉鎖されたが、今はまた再び、縮小された規模ではあるが活動を再開している。私もたまにSSを書いては投稿しているゾ。

 

f:id:akemi_12mg:20200915214127p:plain

どうでもいいけど尊い生活が、あった。

それではここで私が書いた『ココロネショートショート』の中のベストSSを選んでいこうじゃないか。

なんか前やった気もするけど、再びやるぞ〜!

 

1編目は、『夜明け

複雑な人間関係の物語のワンシーンを描いたような作品。

インモラルだけれどそこに確かにあるのは純愛。純愛、だったんだけどなぁ。

そんな作品。

 

2編目は、『西へ、西へ……

吹雪の国の人々の物語。

御伽噺のような雰囲気を意識しました。

これから重厚な物語が始まることを予感させる、でもちょっと心配になっちゃう作品。

 

3編目は、『水に流して

もっとみんな、余裕を持ってのんびり生きていこうよ。

そんなことを思う、空を見たいサラリーマンの物語。

彼は果たして空を見られたのか……。

 

以上の面白い小説が読めるのはカクヨムで連載している『ココロネショートショート』だけ! 読まない手はない!!!

kakuyomu.jp

 

最終的にゴリゴリの宣伝になったけど、みんな、物語を読もう!!!

 

 

読んでくださりありがとうございました。