優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

00年代音楽とトリビア

f:id:akemi_12mg:20180810202444j:plain

この、ワシが若かりし頃流行ってた曲を詰め込んだ名曲リスト、中々捗る。

この上下にまだ色々ある。

前も触れたかも知れないけど、私は00年代の音楽はすごいって思ってる。

00年代の音楽は90年代の大衆的ビッグヒット連発な音楽から、10年代の個性を追求していく音楽へ変貌していく、J-popシーンの中間らへんに位置しているせいか一発屋さんと後に言われる人が多かった印象がある。

でもその分流行した個々の音楽が人々に与えた影響はすごい。

 

ネットもそんなに普及してなかったから、J-popを気軽に聞く機会が無くてね。

CDTVでなんとなく聞いた50~20位くらいの曲のサビが心に残って、タイトルとアーティスト名を刮目して覚えて後でCDショップを回るみたいなことは日常茶飯事だった。

そうして覚えたアーティストが後々ヒットしてよっしゃーって嬉しくなって一緒に成長している気になったりと、中二的な痛さも思い出される……。

 

爆発的なヒットメーカーがいない時代、誰もがその可能性を感じていた。

またこの時代爆発的ヒットした音楽を作った世代っていうのは、90年代のJ-pop黄金期を青春として過ごしてきたわけじゃないですか。音楽の持つ無限の可能性をいい意味で全力で吸収して来たのではないかと思う。

 

と、いう00年代を青春として過ごした人間の戯言でした。

青春を共に過ごした音楽っていうのは輝いて見えるもんなんですよねぇ。

 

 

 

今日は朝寝坊の上にPCのエラースキャンで更新遅れました。申し訳ない。

そんじゃ、あとの1000文字はお題スロット回すから~。

 

お題「最近知った言葉」

 

これねー今日友達と話題になったんだけどね。

私ちゃん、服屋の「HusHusH」の名前が今まで読めなかったんです。

「ふしゅふしゅ?」とか「ふしゅしゅ?」とかアホみたいな読み方をしながら服屋を見ていたんです。

それが最近、友人によって解明されたのだ!!!

この服屋さん「HusHusH」は、「ハッシュアッシュ」と読むのだ!!!!

完全に大文字の位置に騙されてたぜ……(唐突な言い訳)。

どうやら Hush Ush で区切るみたいですね?

 

この話を今日教えてくれた人と別の子に話したら、案の定爆笑された!

キミの笑顔が見られれば、ボクは幸せだよ……!

 

あと最近知った言葉と言えば……なんだろ。

……ア!

カーディガンの意味を最近知ったんですよ。

職場で先輩がカーディガンって言ってて(流れは忘れた)、それで「そういえばカーディガンの由来ってなんなんやろ」と思って調べたんです。

 

みんな、知りたいやろ?

カーディガンの由来、知りたくてたまらんくて思わず膝がふるふるしてきたやろ?

 

 

フフン。

 

 

 

 

カーディガンの由来、それはっ!

「人の名前」なのだ!!!!!

もう少し掘り下げてくれ?

もう、欲しがりさんなあけみキッズめ~コノコノ~(しばしお付き合いください)。

 

カーディガンを考案したのは英国のカーディガンっていう伯爵さんでね。

戦争で負傷した際に、カーディガン7世がセーターを前開きにしてボタンで留められるようにして、保温のために軍服の上に重ね着したことが始まりなんだって。

 

はい。

トリビア2連発でした。ここでも00年代が飛び出るこの感じ。

トリビアは流石にまだ通じるやろ?

……うら若きあけみキッズの為に念のため記しておくと、トリビアは「無駄知識」って意味な。

 

って自分で無駄って認めてるやないかーーーーい!!!!

 

 

まぁ00年代のことを色々書いたけど、私は今10年代後半を生きているわけだから、時代はぐんぐん吸収して生きていきたいですね。

「あの頃はよかった」を繰り返すおばちゃんにはなりたくないワケ。

確かに00年代音楽はすさまじい光を放って見えるけど、今の音楽だって素晴らしい曲がごろんごろんひしめき合っているんだ。やっぱり音楽は飽きないよ、J-popはすごい面白い世界だ。

あの頃は確かに私にとって凄かった。

でもそこに囚われていたくはないのだった。

安心して。多分20年代に入ったら「10年代の音楽は凄かった」とか言い出すから。

人間そんなもんですよ!

 

読んでくださりありがとうございました。