優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

純度が高いノロケ

f:id:akemi_12mg:20181022163050p:plain

最近LOVEなお話を全然書いていない気がするから今日はちょっとノロケに付き合っておくれよ。画像のモルモットのように顔が青ざめて付き合いたくない人には悪いがめちゃくちゃノロケたいんだよ。

 

平和にやっておりますよ。

日々ビデオ通話でお話して、週末には一緒にお酒を飲んで。

楽しいね、今までよりずっと生活に安定感が出た。

 

なんかさ、ほぼ毎日ビデオ通話で顔突き合わせて喋っているのに全然飽きないし嫌にならないんだよね、不思議であるけれども関係を続ける上では大事なことだと思う。

なんだろうねー、本当に自分で大丈夫なんだろうかって気持ちは今も持ち続けているんだけど、この気持ちがあるから向上心を持ってゆき兄さんの言う事を吸収しようとし続けられるんだとも思う。

 

ゆき兄さんのロジカルかつ計画的で筋の通った言動を見ていると、(時々難しすぎて何言ってるかわからなくもなるけれど)背筋がピンとなる思いがある。

背筋がピンとなりはするがいかんせん私は地頭が悪いので、そこからどう自分の暮らしを正していくべきかはノリに任せる感じになっているのが残念ポイントではあるんだけれども。

私はあらゆる方面に好奇心を張り巡らせているタイプなので、私の知らない世界のことをたくさん知っているゆき兄さんの話は飽きが来なく楽しく感じる。この楽しく聞いている話がこの先役に立つことを願いながら頭に叩き込んでいるのである。

 

私は接客業歴が長かったことから愛想だけはいい。しかし、わりかし趣味が男みたいで、思考パターンも男みたいで、下手したらゆき兄さんより下半身でものを考えているかも知れないような女で、おまけに内心、よく今までコレで生きてこられたなと思う程思考パターンが自虐的で面倒くさく、ゆき兄さんのタイプからはかけ離れた容姿であり、控えめに言っても事故物件のような女だ。

それでもビデオ通話で顔を突き合わせて「好き」と言って来るゆき兄さんは多分、既に何かを超越した変態チックな人間であるんだと思う。

ただ、私は心の底から彼のそういう、理屈では説明できない部分に救われている。

 

有難いというのはこういう状況を示すのだと思う。

心から想っている人に想われ、良くしてもらえるというのは本当に有難い。

 

事故物件ではあるが、最近は「どこが好きなのか」「どのくらい好きなのか」というあたりは聞かないようにしている。付き合い始めて最初の頃は驚きすぎて「どこがいいんスか」と聞いたこともあったけれど。

何故聞かないようにしているかというと、私がゆき兄さんのどこを好きなのか問われても困ってしまうからだ。こういうのは頭だけで好きになるわけでは無いのである。身体や心でもって、まったく説明の難しい領域で愛情や愛着が湧くから好きなのであって、説明できるものじゃないのだ。

大衆の意見は知らないけれど、ただ私はゆき兄さんに対して愛情や愛着といった類のものを感じたくて、またそれを伝えることを許されたい。そして欲を言えば「好き」の二文字が聞ければ大満足であり、愛されるよりも愛したいのだ。マジで。

両想いの真価はどこにあるかと言われれば、私は「好きな人に好きと伝えられること」だと答える。

(あくまで個人の価値観である)

 

これからも好きと言うぞ私はよぉ。

 

ちなみに文章が硬めなのは羞恥心からであったり、内容の甘さとの整合性を無意識に取ろうとしているからだったりすると思う。自分でもよくわからないけれど気が付いたら硬い文章になっていた。

以上。

 

読んでくださりありがとうございました。