優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

【お題】新潟の観光スポット

スポンサードリンク

この13日から16日は新潟に帰省する予定を立てている。

なのでこの間更新する記事は予約投稿で対応しようと思う。

 

今回は4コマ祭りではなく、夫さんから貰った4つのお題で4日間の記事を埋めていこうと思う。

そんな最終日の今日のお題は、『新潟の観光スポット』である。

 

新潟の観光スポット

昨日の記事と今日の記事は同じ日に一気に書いているのだが、昨日の記事はスタバのテラス席で書いていた。やはり外だと情報が多くていまいち集中できない。

そして今日の記事は中の席が空いたので店内の席で書いている。なんとなくモチベが変わった。やはり空調が効いた室内では気持ちのノリが違うんだな、環境って大事。

f:id:akemi_12mg:20201108162059j:plain

3年前の11月に撮ったドライブ写真

そんな中お送りする題材は『新潟の観光スポット』なわけだが、どうだろうか。

新潟は山と田んぼが織りなす日本の原風景的な美しさにおいてはかなり秀でたものがある地域ではあるが、それは果たして観光スポットとして機能するのだろうか。実際にその景色の中で住んでいた人間としてはよくわからないというのが本音である。

観光のために進化した地というのは確かに存在する。

例えば津南町の清津峡である。

私も一度訪れたことがある渓谷の中の絶景スポットだ。

www.akemi-12mg.net

Googleフォトさん、早く直って。

 

それと、私のドライブコースとしてよく訪れていたのは海町である柏崎市の恋人岬だ。

夫さんと訪れるまでは、恋人の聖地に一人で乗り込んで楽しく海を眺めたものだ……(遠い目)。

夫さんが恋人岬に訪れた時は見ものであった。

 

恋人御用達スポットというものに全く慣れていない夫さん、終始キョロキョロし居心地悪そうにしていた。それを私は「あのこじらせ文学青年が恋人の聖地に乗り込んできたぞ!」と終始いじって大爆笑していたものだ。夫さんも笑っていたからいいのである。多分。

いい思い出である。

今回の帰省でもできれば恋人岬は行きたいなと思っているが、どうだろうか。

 

新潟市などに行けばマリンピア日本海や、いくとぴあ食花、県立自然科学館などの観光スポットは盛り沢山ある。

だが折角お米県新潟に訪れたのならば、その広大な大自然に触れてみて欲しいなと思ってしまうのが地元民の心だったりする。

案外その辺の農道なんかを走るだけで景色がよく、スッと気持ちが軽くなったり、毎日同じものを見ている地元民ですら感動したりするものだ。新潟に訪れるなら是非とも田舎の田園風景を楽しんでみて欲しい。

 

 

読んでくださりありがとうございました。