優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

おはピヨ侍ソイヤッサとは

スポンサードリンク

おはピヨ侍ソイヤッサ(?)。

 

この世にキツくない仕事はない。

そしてこの世に私に合う仕事がある気がしない。

本音を言えば全く働きたくない。

でも働かず主婦をすると言える状況ではないらしいので、頑張って働いている。

f:id:akemi_12mg:20210212180741j:plain

ごろごろにゃーん

私は本当に、働かずに主婦をしている時の暮らしが好きだった。

夫さんにもずっとニコニコしていられたし、精神的に余裕もあるし、というところで私は特別第三者の付き合いを広げなくても、ひとり理解者がいれば充分に幸福にやっていける人間なんだな、というのはひしひしと感じていた。

人間関係を広げることにまるで興味がないので、働くことにしても習い事をするにしても何するにしても全く興味が持てない。

むしろ余計な人間関係を広げることは生活を煩雑にして好きじゃない。

そういう意味でも働かずに主婦をしている暮らしって私にとてもピッタリで好きだったな。

 

これからどんなに努力しても、テンパってしまうと周りが見えなくなる癖で周りの足を引っ張って怒られてしまう未来なんかもあるんだろうなと思うと、非常に憂鬱。これまで起こってきたことが再び繰り返される予感というのは防衛本能としてあると思う。

起こってもいないことを憂うのはよくないが、どうしたらこの労働というものを愛せるのか誰か教えて欲しい。私は以前は働くことが好きだとぼんやり思っていたが、それはあまりにも前職の職場の雰囲気が良かったからだったんだと気付かされた。

要するに自分を受容してくれる環境が揃っていれば、それは職場でも家庭でも教室でも構わなくて、受容さえされていれば私は幸福に生きていくことができるんだな。

 

夫さんは社会との繋がりを持って欲しいと真剣に訴えているんだけれど、私はその必要性もほぼほぼ感じていない。この1年の暮らしはとても心地よく幸福感に満ち溢れていた。自分の幸福を脅かしてまで繋がらなきゃいけない社会ってなんなんだろう。

甘ったれてるのか私は。まぁ見る人が見れば甘ったれているんだろう。

独り身の時にはなんの疑問も持たずに黙々と働きに行けていたんだけど、どうにもこうにも今回は勝手が違う。

 

なんでだ。

 

_人人人人人人人人人人人人_
> 働きたくないでござる <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 

読んでくださりありがとうございました。