優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

【ゲーム感想】金色ラブリッチェSwitch版終わった

スポンサードリンク

たまげたなぁ。

 

なにがたまげたって、『金色ラブリッチェ』よ。

ここまでは一般的な萌えゲーな出来だなぁと思ってたん。

それが理亜ルートで全部繋がって一本のゲームとしてまとまりを見せちゃうの、本当すっげーわ。なんならもうこれ、ずっちーわ。

 

じゃあ今日で最後の『金色ラブリッチェ』感想タイムです。

いくぜ!!!

f:id:akemi_12mg:20210526190706j:plain

金色ラブリッチェ

※雰囲気ネタバレあります。

 

金色ラブリッチェ 感想

まずこれまでの『金色ラブリッチェ』の感想をおさらいできるリンクを貼っておくね。

 

玲奈ちゃんのルートはここ。

www.akemi-12mg.net

 

エルちゃんのルートはここ。

www.akemi-12mg.net

 

シルヴィちゃんのルートはここ。

www.akemi-12mg.net

 

〜〜〜感想ここから〜〜〜

ここまではルートごとに感想を書けばいいや〜くらいの感覚でいたんだけど、どうも理亜ちゃんルートである「GOLDEN TIME」を終えたら話が違うとわかった。

このゲームはルートでどうこうと語れるゲーム一般的な萌えゲーじゃなかった。

プロローグからゴールデンタイム、クリア後の隠し要素まで全てひっくるめた一つの流れを持った作品だった。ルートごとに情報の出し方が綺麗にパキッと分かれているな…と思ったのはコレが理由だったんだ、と。

 

最初から気に入った子のルートを掻い摘んでやるスタイルでは満足できない、オールクリアを前提として作られた作品だったんだわ。

 

だから今までルートごとに評価をしようと思っていたのがいかに野暮なことだったか、ゴールデンタイムをプレイしている時に気付かされてちょっと前回ブログに書いたことが恥ずかしくなっちゃったね。

 

なのでゲーム単位で評価をすると、「ゴールデンタイムは『今』しかない、全力でカッコつけろ」というテーマを最初から最後まで突っ走り続けた点において本当にすごいと思った。私のテーマのまとめ方はちょっとざっくりしすぎていると思うけどさ。

「ゴールデンタイムが『今』」というのは何も主人公たちが学生だから、青春の時期だからという話ではないんだ。

理亜ちゃんにも、我々にも、ゴールデンタイムはいつだって「今」しかないんだ。

そう、今。

今を全力で生きずにいつ全力で生きるんだという明確なメッセージ。

すっげーカッコいいと思った。

 

「金色」「ゴールデンタイム」をテーマにここまで感動させるすごい物語を書き上げちゃったライターさん、本当に頭が上がらん。凄すぎ。

 

なんかさ、ここまで来ると理亜ちゃんルート内でクッソ萌えだったしやっぱ予想通り一番可愛かったけど、ここまで感動しちゃうとそういう次元の話じゃなくなってきちゃうんだよね。

このバラバラだったルートをまとめて一本の作品にした手腕の凄さとか、今までのアレ伏線だったのかよやべーなとか、そういう次元の話になっちゃうんだよねどうしても。

 

も〜〜〜〜〜〜、泣いちゃう。

理亜ちゃんのこと考えたら泣いちゃう。

そして理亜ちゃんとシルヴィちゃんのことを思うと、もう目から汗が止まらない。

(気持ち悪い女ぬるゲマの図)

 

とにかく、萌えゲーを基盤としていても一貫したテーマを持たせるとここまで面白くなるということを魅せてくれた、とても良いゲームだった。

10年越しの想いとか、10年前の約束を果たそうとか、そういうベッタベタといえばそう、という幼馴染イベントをこうも効果的に感動に持っていけるのか。幼馴染モノは出尽くしているのに、チープにならない。その匙加減最高でしたぜ。

 

 

f:id:akemi_12mg:20210602170857j:plain

最も萌えると書いて最萌ヒロインの僧間理亜ちゃんです。

理亜ちゃん、見た目ヤンキーで性格はさっぱりキュート系という最も強いキャラをしています。

 

本当によかった。

オールクリアに価値が全振りされてるから、時間があってSwitch持ってたらやってみるのも良いと思います。もちろんPCでムフフなシーン込みのものを買うのも良いと思う。

私は20時間くらいでコンプしました。おすすめ!!!

 

www.entergram.co.jp

パッケージやストーリーでシルヴィちゃんが全面的に推されている理由も、全部クリアするとわかる。本当すごいよくできた作品だわ。

 

以上、絶妙なタイミングで黒松が発芽して嬉しい私でした。

その辺の話は明日以降。

 

 

読んでくださりありがとうございました。