優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

ライフプランブレブレ侍

スポンサードリンク

大人向け小説を書くのは楽しいけれど、圧倒的に力量不足を感じる日々なので試しにフランス書院の本を1冊買ってみた。というか今「1冊」が変換されなくて「1然つ」って出て「おいおいMacちゃん大丈夫?」になってた。

何事も勉強だねぇ。インプットとアウトプットの時間が圧倒的に足りてないねぇ。

今書いてるのは不定期連載していた『セックスホリックダイアリー』なんだけど、ノクターンノベルズに週2回更新するようになったらなんとなく途切れさせたくなくてほぼ毎週のように大人向け小説を書く生活を送るようになった。

pixivで先行公開して、それを週2回ノクターンに定期的に放つ感じだね。

 

小説を書いてみると本当に自分の思慮の浅さに驚くし、もっと色々な言葉を知って、色々な知識をアップデートしていくべきなんだなと気付かされるよ。

 

なんとなく、大人向け小説を真剣に書くようになって思ったんだけど、私の書く小説は出版の水準には達していないなぁというのは客観視できてきた。文章も稚拙だし、話の構成も平凡だ。何よりニーズを理解していない。

別に卑下したいわけではなくて、今までとにかく書きたくて書いてきたモノを主観まみれの感情的なものではなく客観的に見ることができるようになった。

さて、そうなるとこれからの展開として考えられるのは、このまま書きたいものを好きに書き続けるか、自分の作品の質を底上げするために勉強を始めるか、という二択になっていくんだろう。

 

正直、もう私の「本気で頑張る詐欺」は皆さんご存知のものだし、私自身もその辺で自分のことは信用していないから、「本気で作家目指します」とかそういうことは言わん。もう私は認められたくて文章を書いているというよりは、書かないと体調が悪くなるから書いているという風だ。

ただ私から、人より多少書ける文章と、多少見栄えする絵のスキルを取り除いたら、誰にでもできる仕事しかできないでくの棒にしかならない、というのは割と切実に考えるべき事象であるとは思う。

もうそろそろ新しいスキルを伸ばそうとするよりも、今まで続いてきていて楽しくやれる、今手持ちのスキルを伸ばした方がいい。

 

私はこの先の人生でどうなりたいのか、それは本当にもうブレることはないのか、真剣に考えながら慎重に選びとっていくべきなんだと思う。

先々月から絵を頑張り始めたら、確かに多少は練習以前よりも上手くなった気がするし、やはり大事なのは頭を使いながら量をこなすことなんだろうな。

f:id:akemi_12mg:20210222155712p:plain

これは先日御ブロ友さんに贈ったイラスト


私は自分がどうなりたいか、という像がブレ続けるからここまで迷走を繰り返しているわけで、そろそろ少しは硬い思いが欲しいよなぁ、今の私に足りないのはそれだよなぁと思いつつもこれからも迷走し続ける予感も、ある。

 

ライフプランブレブレ侍でした。

 

 

読んでくださりありがとうございました。