優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

運命は自分でつくるものなんじゃないかな!

スポンサードリンク

GW突入前夜〜!!!

ささやかな〜!!!

贅沢を〜!!!

 

……しました!!!

 

具体的には……スーパーの油淋鶏を食べました!!!

沼生活夫婦、久しぶりにハッキリした味の食べ物を食べて感動していました!!!

こういうのって……本当にたまに食べるからここまで美味しく思うんだなって……。

美味しくて…ワイ…ワイ…!!!

 

幸せを噛み締めたよ!!!

 

運命の人

先月を無事乗り越えたで賞的な感じで今夜は少しリッチにお酒のおつまみを買って飲んでいる。いつものお豆アソートとチーズに加えて、お惣菜の油淋鶏とクラッカーまで買っちまった。クラッカーは無論チーズを挟むために買った。嬉し嬉しだねぇ。

 

で、なぜかYouTubeのおすすめでofficial髭男dismの『Pretender』が流れてくるんだけど、その動画のコメントで、「父親がこの曲が好き」というコメがあって。そのコメ主さんは父親に「なんで好きなの?」って聞いたんだって。その時父親が言ったのが「お母さんに初めて恋をした時、まったく同じような気持ちになったんだ」とな。

「だけど」父親はこう続けた。「運命の人は俺だった」と嬉そうに言ったんだって。

この話を読んだ時、割とジーンときてしまったぜ。

f:id:akemi_12mg:20200501220522p:plain

ですてにーぱーそん

恋愛の始まりって誰しもそうだよなぁと思った。自信満々にうまくいくと信じて相手を好きになる人は滅多にいない。

私氏も夫さんを好きになった時は自信なんかミジンコほどもなくて、絶対ダメだもう終わったと思いながら告白したんだよなぁとか思い出したりした。

自分がゆき兄さんの運命の人だ! なんて自信満々に言えるような人間ではないわね。

 

運命の人といえば、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが結婚する時にマリッジブルー気味になったらしい。その時に悟ったんだって。

「運命の人だなんてのは最初はいなくて、その人との関わりを続けていく中で、時間をかけてお互いが運命の人になっていくんだ」とな。

これも相当ジーンとしたね。共感の嵐。

 

私は夫さんを愛しているけど、内心まったく自分に自信なんかなくて。

でも自分を愛してくれている夫さんの愛を信じるにはやはり自分を信じたいと思うよ。

そう、自分がゆき兄さんの運命の人だなんて自信満々言えるような人間ではないけど、ゆき兄さんの運命の人として愛される自分でい続ける努力をすることはとっても大事なことなんじゃないかと思う。

 

まぁ小難しいことを考え出すと運命とかよくわからなくなるけど、私は夫さんらびゅーやでぇ……。

カイゼンカイゼン!

私らしさを見つけつつ、私らしさを大事に寄り添っていこうね!

 

 

読んでくださりありがとうございました。