優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

【アニメ感想】オッドタクシー

スポンサードリンク

どうしたもんか!

『オッドタクシー』が話題じゃな〜いと思って、調べたら私が敬愛する此元和津也さんが脚本を担当していると知って秒で見始めた。あの俊敏さは本当に秒だった。秒としか言いようがない。秒だわ。

此元和津也さんは何を隠そう『セトウツミ』の作者さんだ。『セトウツミ』は滅茶苦茶笑えて最後は泣ける物凄い漫画なので是非読んでほしい。

 

で。

『オッドタクシー』よ。

 

※ 雰囲気ネタバレ注意

 

夕方までかけて一気見してしまった。物凄い面白かった。

内容は、個人タクシーのドライバーである小戸川さんを主人公として回る群像劇。いや、見事に群像劇だった。それぞれの生活や思惑が上手に絡み合って一つの結末へ着地すると言う素晴らしい群像劇だった。

その中で繰り広げられる会話や日常の描写は、此元和津也さんだわと思える小気味良さが随所に散りばめられていた。

いやぁ、『セトウツミ』を深く敬愛していたので、笑いの方向にぶっとんでいるのかと思ったら物凄い重厚な群像劇でびっくりした。ここまでの作品も書けるのか此元和津也さんは。底が知れないやばい(語彙がやばい)。

 

結末が様々な考察を呼んでいるらしい。確かにラストの5分で大どんでん返しとも言える展開が待っていて、胃がひゅんってなったな。

その先は考えたくないな。

小戸川さんは日常に帰ってくることができた。そこで私は考えを止めようと思っている。その方がいいよ…そうでなきゃしんどすぎるじゃないか…。

結末に対する考察は私はそんな感じですね…。いやこれ考察してない宣言だな。

 

しかしすごい作品だったよ。まさかあのほんわかした世界観の全てが物語を構成する重要なピースだとは考えもしないじゃんね。

 

久しぶりにアニメを一気見した。

それだけ面白かった。OPとEDも良くて、1話の段階でかなり引き込まれてしまった。

 

まず小戸川さんのキャラに引き込まれてしまったよ。それで冒頭で流れているアイドルの子らまであんな風にシナリオに絡んでいくとは想像もしないやん

一人も役割のない登場人物というのがいない。無駄もなく、しかし笑わせるポイントなど抜きどころもちゃんと押さえていて、本当に面白かった。

 

漫画もあるのか…読みたくなってしまうな。

本当はあれこれ、系譜を踏んでいる作品とかを挙げていい感じにかっこよく感想を続けられたらいいんだけど、私はそんなにアニメに詳しくないので主観的な感想だけ並べて終わろ。

 

『オッドタクシー』とても面白いので是非気軽に秒で見てほしい。

 

 

読んでくださりありがとうございました。