優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

【質問箱回答】私の統合失調症についてガチで答えます

スポンサードリンク

今日は緊急性の高いマシュマロが来たからそれに答えていくぞ!

「ココロネ=ペンデュラム!」の体験版は今やってるから明日か来週に答えます、すまぬ!!

と、いうわけで今日は急遽質問箱に答えます。

デデドンッ。

 

 

統合失調症の陰性症状について

é°æ§çç¶æã®é£çµ¡ã«ã¤ãã¦åæ¥è³ªåãããã®ã§ãã
ã¤ãåæ¥2ãæã¶ãã«Lineã«æ¢èª­ãã¤ãã¾ããï¼è¿ä¿¡ã¯ãªãããã­ãã¯ããªãï¼ãç¥ãåã£ã¦1å¹´ãçµ±å失調ã¨ã¯èãã¦ãããã®ã®ãç¹ã«æ¯éããªãã£ãååããä¸è»¢ãä»å¹´ã«ãªã£ã¦ã»ã¼é³ä¿¡ä¸éã¨ãªã£ã¦ãã¾ã£ãï¼å¹´æ«ã¯éå´ç¶æã§ã¯ãã£ãï¼ã®ã§ã彼女ã®çµ±å失調ãã©ããªãã®ãããããã£ã¦ããªãã®ã§ããåçºã«é¢ããæå ±ãæ¢ãã¾ãããããã¾ãã¡ãããã¾ããããããªä¸­ãã©ãçããããã¿ããã®ãã­ã°ã§ãã彼女ã中学ã§çºçï¼å¥³æ§ã§ã¯å°ãªãããã§ãã­ï¼ï¼ãç¾å¨ï¼ï¼ä»£åã°ã¨ãããã¨ã§ãããã¿ããã¨è¿ããåèã«ããã¦ããã ãããã¨ããæå³ã§èª­ã¾ãã¦ããã£ã¦ã¾ããçç¶ã®å¤åãçç¶ã¨å¿å¢ã®å¤åãªã©æ¬é³ã§ãã§ããã°è©³ããã¢ãããã¦ããããã¨å¬ããã§ãã家æã§ã¯ãªãã家æã«èªããããé¢ä¿ã§ããªããããæ¬å½ã«æå ±ã®å¥æãå°é£ã§ããçç¶ã¯äººããããã¨èªè­ã¯ãã¦ã¾ããããã
åæã§ã¯ããã¾ããããããããé¡ããã¾ãã
ã¡ãªã¿ã«å½¼å¥³ã¯çç¶ã®æªåã¨åæã«å®å®¶ã«é£ãæ»ãããä»å¥é¢ãã¦ããã®ããããã¾ãããããã®ã¨ããã»ã¼ãã£ã¡ãä¸ãæã«ä¸åº¦ã ããã¹ããã触ãã¦ããããã«æã£ã¦ãã¾ãã

えー、ガチンコで答えてまいります。

 

私の統合失調症の症状

私は中学生の時分に妄想から統合失調症を発症しました。

妄想の内容は、同級生が私の部屋を監視している、というものや、階段を右足から登り右足で登り終えなければいけないという強迫観念的なもの、頭の中で複数人が私の身体を乗っ取ろうとしている、というものまで多岐にわたりました。

目を閉じるといつも「死」「男」「消」等の文字が瞼の裏で虫がうごめくように回り、気の休まる暇もありませんでした。

高校入学後は原付に乗っていたのですが、すれ違う車の運転手の顔が黒い虫に見えたり、まさに統合失調症一色という感じの青春時代を過ごしました。

 

それが高校2年の終わり頃の3月に、学校で突如限界を迎え泣きだしてしまい、精神科送りになりました。

そこから薬で幻覚、妄想症状は改善したのですが、代わりに14時間ほど毎日眠りこけ、その最中も悪夢にうなされ続ける日々を送り始めました。

それと同時に友人と遊ぶだとか、知り合いに会うだとか、そういう些細な他人との接触すら恐ろしくてたまらなくなり、一切外に出られなくなってしまいました。

勿論そんな状態ですから、恋愛など考える余裕すらありません。

ここが私の陰性症状の期間です。

それから1年ほど引きこもり、高校に4年生として復学したのですが、実は薬を飲み始める前後2年程度の記憶がほぼ抜け落ちていて、その頃感じていた感情をぼんやり覚えている程度の記憶になってしまっています。

ただ、確か4年生をしていた時も買い物をしたり、またそういった場で知り合いに会うのを極度に怖がっていたのは覚えています。

 

その後数年は脳が疲れやすいのか、メール等の連絡はマメに返すことができず、自分でももどかしい思いをしていました。それがきっかけで疎遠になった友人もいました。

 

現在の症状

現在は診断書上では「統合失調症」主たる症状「気分障害」と書かれています。

俗にいう「統合失調感情障害」にあたるそうですが、医師はその病名を口にしないので静観しているところです。

 

今は統合失調症らしい症状はほぼなく、疲れた時に薬の副作用である眼球上転に悩まされている程度です。

統合失調症そのものより、気分障害の症状の方が強く出るようになっており、統合失調症の症状は気分が落ちた時に少し被害妄想や落ち着きのなさ等が出る程度です。

 

参考になればよいのですが

私は、陰性症状が出ている期間は、自分の生命を維持することで精一杯になってしまうくらい、脳の動きが緩慢になり、疲れやすく、とにかく起き上がるのすら辛いという感じでした。

人と連絡を取ったり、計画を立てて動くことが上手に出来なくなり、同時に億劫になりました。

連絡とるのも、会うのも辛かったです。

勘違いしないで頂きたいのは、「面倒くさい」という感じではないのです。やりたくても心がついて来ず、「できない」という感じなのです。これは伝わりにくい感覚かも知れませんね。

 

陰性を抜けてからも、今くらいの安定感のメンタルを手に入れるのに7年くらいかかっています。思春期発病の解体型(破瓜型)の統合失調症は長丁場で、予後が悪いと言われているのもなんとなく自分でも納得している次第です。

だって、大人の身体になってから健康体で生きた記憶がひとつも無いわけですからね。自分の健康な状態、いわば戻るべき自分がわからずに迷走するのだと思います。

あくまで私の場合ですけどね。

 

彼女さんが同じ症状だったと一様には言えませんが、心配ですね。

入院されているのかすらわからないのは、相当にもどかしいと思います。

 

お二人の穏やかな日々を心から祈り、私の文章がその一助になることを願います。

 

 

以上! もっと知りたいことがあるとか、ここを掘り下げて欲しいとか、また何かあったらマシュマロでもTwitterでも連絡ください!

明日は通常モードで質問箱に答えていきます。

 

 

読んでくださりありがとうございました。