優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

SKILL

スポンサードリンク

f:id:akemi_12mg:20210901103835j:plain

Zuu Chan!!

よくよく考えると私って平凡な人間なんですよ。よくよく考えなくても平凡だろという意見もとてもわかるくらい平凡なんですよ。

あくまで他人の尺度を借りての話になるんだけど、特別自分を卑下しているわけではないので落ち着いて読んでほしい。

 

ぼぼん

昔から何かでいい点数を取ったり、他人から賞賛されるような結果を残したことは無い。ほぼ無い、じゃない。まったく無い。

学校の勉強は及第点、という感じの平凡な点数しか取ったことはない。運動はいつもビリッケツでまともに周囲と渡り合えるスポーツ技能は持っていない。

学校内の絵のコンクールなどで賞を取ったことはまず無い。

上手い子が選ばれるという学校誌の挿絵も選ばれたことはない。

それでもただひたすら絵を描き高校では1年生の時分からアルバイトで月謝を稼ぎながら美術予備校に通ったためそこそこ人並み以上に上手くなったと思われ、美大で自分の絵を極めたいと息巻いたものの精神疾患を患い受験のチャンスすら逃す。

文章に関して言えば、作文のコンクールなどそもそも出品しようなどという話すら来たことがないし、俳句や詩もまともに作れた試しがない。

漫画は2度、読み切り作品を仕上げて少女漫画誌に投稿したが、引っかかった気配もなかった。

小説も2度投稿したが、一次選考落選。

 

最近、ここ二年ほどこの事実を思い出し「ああ〜、私って凡才だったんだな」とようやく気がついた。この瞬間は衝撃だった。なぜなら私は今まで「自分には何事か成せるはずだ」と信じて疑っていなかったから。

何事か成せた人間ばかりが偉いわけではないし、凡才の人間にだって充実した人生があっていいはずだ。そんなことは分かっている。

ただ、自分は28年生きてきて、何一つ成したことがないんだ…と気がついたのは驚いた。割と頑張って生きてきた自負はあるのに、私には金に換えられるスキルが無いばかりか自己肯定感も低く、自分が思っている凡人より明らかに下の生活を送っているのだ。

 

ただこの事実に負けたら一生このまま、ないしはここよりもう一段二段、生活の幸福度が落ちるんだろうな、というのはなんとなく分かっていて。

凡人は凡人なりになんとか頑張ってスキルを磨いて、これからでもやれることを始めるべきなんだと思っている。

私は何がしたいんだろう。本当に私は一体全体何がしたいんだろう。

モラトリアムを引きずりすぎているよなぁ。

いや、本当は私は自分が何をしたいのかわかっている。

ただもう、この目標の死屍累々を積み重ねてきたブログで、目標を掲げたらその目標すらも倒れてしまうのではないかという一抹の恐怖があるのだ。

 

書けたら今度書く。

 

気持ちというのは時に、大事にしまっておくのも大切だと思うの。

 

思いついたらすぐに宣言してすぐに力尽きるのも私の欠点だぁな。

熟考することを覚えましょう。

 

 

読んでくださりありがとうございました。