優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

家事の回転

スポンサードリンク

仕事が始まった。

今日はまた昨日に引き続き平坦な文章を書かせてもらおうと思う。

 

仕事が始まった

先日採用を頂いた企業での就労が始まった。

職場の雰囲気は良好。皆とんでもなくスピーディに動くが、口を開くと穏やかな方々で、とてもありがたかった。

 

私は5時間のパートタイマーとして仕事をする契約になっているのだが、5時間と言っても、結構体力を消耗する業務であった。初出勤という点を差し引いても筋力や体力が必要なのだろうな、と想像するのは容易なハードな内容だ。

f:id:akemi_12mg:20201016204354p:plain

頑張ります!

そういったハードな内容の業務を終えて帰宅をする。

今日は朝バタバタしていて昼食を用意しておくことができなかったので、スーパーで安い弁当を購入し食べた。そうして横になって凝り固まった腰首を伸ばしながら、心配している実家の母に連絡を入れ、仕事で疲れたのか酷くしょぼしょぼする目を少し休ませる。

一息入れたら洗濯した作業着を干し、掃除機をかけた。

 

はて、今日は夫さんが代わりに家事をやってくれた部分が大きかったのでなんとか一日が回りそうだが、これはよく考えないと今後家事で困り果てるのではないだろうか。そんな予感がした。

 

現在の1日のサイクルとしては、朝起きて着替え、洗濯機を回している間に食事を済ませ、食洗機を回し、夫さんを送り出した後仕上がった洗濯物を干し、一休みしてから曜日によりぼんやり振り分けた箇所を掃除し、買い出しに行って食事のストックを作るという生活をしている。

それが今後、私と夫さん共に仕事の日は全て午後にずれ込むイメージになるのだろうか。

作業着はどの道毎回洗濯しなければいけないし、洗濯はまず午後になるだろう。そもそも仕事が丸々午前のものなので、そうだ、やはり家事はすべて午後になる。

 

少しずつ忙しくなる様相を感じ、少し気持ちが浮き立つが、ここでワタワタと動き始めずどしっと構えるのが体調不良などを避けるのに大事になるのだろう。

これまで散々家で寝てきたが、今後はそう寝てばかりはいられなそうだ。

そう思うと、先日コメントで頂いた「これからに備えて体が警告を鳴らし眠いのでは」という説はなかなかどうしてしっくりと腑に落ちる。

 

明日も出勤だ。

明日出勤するとようやく今後のシフトがわかる。

ひとまず最初の休日まで、駆け抜けていこうと思う。

 

 

読んでくださりありがとうございました。