優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

ベーグルから始まったカミングアウト

スポンサードリンク

f:id:akemi_12mg:20190319210605p:plain

友人がお土産をくれるというので仕事終わりにホイホイ遊びに行ったらそのまま友人とドライブになったであるぞ。

今日はその辺のほのぼのしたアレコレから私ちゃんのカミングアウトらへんを書いていくぞい。

 

 

女二人残雪珍道中

「ありゃこっちゃでこ雪がねぇね」「おうや」

みたいな方言バリバリの会話をしながらドライブした。

話題は、友人が先日彼氏と行ってきた旅行の話が中心だった。

海の見えるドライブインで遊んできたんだってーいっすねーキュンキュンやで!!!

友人が彼氏と仲良くやれているみたいで心底ホっとした。

www.akemi-12mg.net

このエントリーに出てきた子だったんだけどね。

友人、スケコマシにそそのかされかけたんだけど、スケコマシがダメな奴すぎることに気付いて元の道に帰ってくることができたみたいだった。友人のこの思い切りのよさが好き。めでたしめでたし。

 

そんでカフェでスイートポテトをつまみながら地元のフリーペーパーなんぞを見ていた。

そこにベーグルが載ってて、私が「久しぶりにベーグル食べたいな」って言ったら友人は「私ベーグル苦手~」と言った。

 

ベーグルから始まったカミングアウト

「いやー私にとっちゃベーグルって思い出の味なんよな」

という感じでなんとなーく会話は私の身の上話になっていった。

 

私は高校生の時、美大進学を目指していた。

そのためスーパーでアルバイトをして、そのお金で高校1年生から電車で片道40分の街にある美術予備校に通ってデッサンや油彩画を習っていた。

その街は結構な繁華街で、駅も大きくて駅ビルなんかもあるようなところ。

土曜日、予備校で1日絵を描いて、毎週渋滞で1時間遅れてやってくるバスに乗る。

そして駅に着くと、駅ビルの書店で学生の収入では買えないような高い画集を立ち読みしまくっては「自分にはどんな絵が描けるだろうか」と考えまくって毎週鼻息を荒くしていた。

最後に改札付近にあるパン屋さんでたまにベーグルを二種類買っては、帰りの電車の中で食べたものだった。買うのは毎回プレーンベーグルとブルーベリーベーグル。

結局私はその後統合失調症になり、バイトができなくなると同時に予備校にも通えなくなってしまった。薬で思考を抑制されている感覚が強くなり、絵も段々描けなくなっていった。正直高校生の頃が画力のピークだ。

 

そんな話を病名を伏せて友人にぽろぽろとした。

友人も以前私に、自身の狭所恐怖症やパニック障害の話をしてくれていたので私もいつか彼女にはこういう話をしたいと思っていた。自然にタイミングが作れてよかったと思う。

友人は「てぇへんだったんだのぅ」とわりあいスゥーっと自然に受け入れてくれて大変ありがたかった。

 

絵は今も好きよ

絵は上手に描けなくなったけど今も好きだよ。

油彩もお金に余裕があればやりたいと思っている。

芸術の門戸はいつでも誰にでも開かれているとは思うけど、私は自分の一番旬だった時期を芸術に捧げられなかったことは心残りかなと思っている。当時の若さでしか見えない世界、表現できない世界ってあったはずだからね。

ていうかねー、美大で、絵を描くために整備された環境で自分がどこまでやれるのか試したかったね。これは本当に。それすら叶わなかったのは、まぁ仕方が無いんだろう。

そう、こんなへったくそな絵描く人だけど実は芸術畑の出身だったのです!

ガハハ!

 

人生たまに後ろも振り返るけど、基本前向いて歩こうね。

今日は友人にカミングアウト出来てよかったよ。

友人が暖かく受け入れてくれたから、暖かく懐かしい気持ちになれて更によかった。

 

いい一日でした。

 

 

読んでくださりありがとうございました。