優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

秋の味覚でお菓子を作ったよ~!

スポンサードリンク

今日はですね。

家にふんだんに転がっているサツマイモとムラサキイモを使ってお菓子を作った様子を振り返っていくゾ!!! 最後に衝撃の完成画像も添えてあるゾ!!

 

それでは早速、テイクオフ。

 

 

サツマイモ巻き巻きパイ・包みパイ

材料(パイシート4枚分)

サツマイモ  300g

砂糖  30g

牛乳  75cc

バター  30g

バニラエッセンス 2振り(あれば)

 

冷凍パイシート  4枚

(巻き巻きに2枚、包みに2枚使った)

 

卵黄  1個分

 

作り方というかなんというか

パイシート4枚に対してサツマイモを300g使ったぞ~。

まずはパイに包む芋あんを作るぞ!

マッシャーでぐわぐわと潰したお芋。その硬さに合わせて砂糖と牛乳を調節。今回は砂糖30g、牛乳75ccやった。バターは芋100gに対し10gと覚えておくと使いやすいだろう。

焼くと水分が飛んでホクホクになるから、芋あんの固さは扱いやすいくらいに緩めに作っていいと思われます。

そして縦に置いた冷凍パイシートに上1センチくらいを残してびゃーっと芋あんを塗りたくる。

厚さは3~5mmくらいかな? 芋を塗りたくった方から1センチ残した方に向かって巻き巻きすっぞ! 臆するな、巻いて行け!!!

あとは2センチくらいの厚さに切って、アルミホイルかクッキングシートを敷いた天板に並べて、上に卵黄を塗りたくる! 200度のオーブンで15~20分焼けば、サツマイモ巻き巻きパイは完成だ!

 

ここまで使ったパイシートは2枚。

残ったパイシートと芋あんを使って、続いて作るのは包みパイだ。

横にしたパイシート1枚を1.5cm幅に切っていこう。今回数えないで切り落としたもんだから後で生地を編み込むときに少し苦労したぞ!!! 生地を編み込む形にしないで、切込みを入れて被せるだけでも綺麗に出来ると思うぞ!

で、切っていない方のパイシートに芋あんをこんもりと乗せていくぞ!回り1センチくらい残してこんもり盛るぜ!

そしてその上に互い違いに編み込むようにパイ生地を置いていくぜ!

まぁ完成図見るとピンとくると思うよ!!!

 

そして編み込んだら、下の残した1センチのパイ生地を折って編み編みに被せ、フォークでその端を潰してくっつけるぜ。

最後に出来上がったパイを天板にそっと乗せて、表面に卵黄を塗りたくって、巻き巻きパイと共に200度で15~20分焼けばサツマイモ包みパイも完成だ!!!

 

ムラサキイモモンブラン

これは生菓子なだけあって、結構作るのが手間が多いぞ!

覚悟してかかるのだー!

 

材料(9個分)

芋あん ↓↓

ムラサキイモ  200g

砂糖  40g

生クリーム  1カップ

 

中のクリーム ↓↓

生クリーム  1/2カップ

砂糖  大匙1

バニラエッセンス  2振り

 

下に敷くスポンジ ↓↓

薄力粉  40g

砂糖  40g

卵  2個

水  小匙2

 

スポンジに吸わせるシロップ ↓↓

水  1カップ

砂糖  50g

ラム酒 大匙1

 

作り方のようなもの

まず下に敷くスポンジを作る。

卵黄と卵白を分け、分けた卵白をまず泡立て、途中で砂糖をぶっこみメレンゲにする。

そこに卵黄と水を入れなめらかに混ぜ、最後に薄力粉をぶっこみヘラでサックリ混ぜ、一気に粉と液体を繋げる。

意外と膨らむので、丸いケーキ型にクッキングシートを敷き、そこに生地を流し入れ焼く。200度で12~15分。

 

スポンジを焼いている間にシロップとホイップクリームを作る。

シロップは小鍋に水と砂糖をぶっこみ、砂糖が溶けたら火を止め、ラム酒を入れれば完成。

生クリームは、泡立てて冷蔵庫に保存。

 

スポンジが焼け、冷ましている間に芋あんを作る。

芋をまたしてもマッシャーでぐわぐわ潰し、砂糖を投下。今回のムラサキイモはあんまり甘くないから砂糖多めにした。で、砂糖が綺麗に混ざったら、生クリームを投下。しかしこのままだと記事が緩すぎるので、記事をザルで裏ごしする。

そうするといい感じに硬い芋あんができる。多分裏ごしが一番手間かかる。

 

スポンジが冷めたら平べったくなるので、それをまず端を落とし正方形にする。

そしてその正方形を9等分する。土台完成。

落とした切れ端を味見しつつ9等分にする。形が不ぞろいでも気にしない。

その土台を菊型のアルミマドレーヌ型とか、アルミカップに入れて、そこにまずシロップを染み込ませる。そしてその上に生クリームをこんもり塗り、切れ端のスポンジを乗せ、またシロップを染み込ませる。その上にこれまたこんもり生クリームを盛って、柱完成。

その柱に、絞り袋に入れた芋あんをぐるぐる~っと巻き付けるように絞り出していけば、ムラサキイモモンブラン完成である!!!

 

完成写真

そうして完成したサツマイモパイと、ムラサキイモモンブランの写真をこれより公開する!!!

まずサツマイモパイ。

 

こんな感じになりました。

大きいほうが包みパイですね。コレ編み込むとき結構あーミスったーと思ったんだけど、案外焼いてしまえば違和感があんまない気がする(気がする)。まぁ美味しそうに焼けたのではないでしょうか。

 

続いてムラサキイモモンブラン。

なんせ私ちゃん久々の生菓子だからね~。再伸び生菓子作ったのいつだろうね、黒ゴマプリンあたり作った時じゃないかな?

兎にも角にも気合入れて作りました!!!

巻き●ソーーーーーー!!!!!!!!!

どこからどう見ても、巻き●ソーーーー!!!

何この、何この某アラレちゃんに出てきそうな、カラーリングまでバッチリな巻き●ソはよ……。

絞り袋久々に使ってーとか、そういうミスじゃない、これは。

絞りの先端のチョイスミスだ。

いや、芋あんが固いから、出しやすい丸口を選んだんだけどさ。

こうなるという想像をしてなかったんだよねー。

 

まさか巻き●ソになるなんて。

 

ちなみにお味は普通に美味しかったです。

栗でコレをやらかさなくてよかったです。

 

 

というわけで、秋の味覚を満喫している私ちゃんであったぞ!!!

巻き●ソを精製してしまったけど!!!

 

 

読んでくださりありがとうございました。