優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

記録を残す方法は変化していくのか問題

スポンサードリンク

魂が穢れてきている。

気を付けろ、ここから先はデンジャラスだぜ…。

 

記録を残すということ

今日は「ダーウィンがきた」で、恐竜の特集をしているのを見た。

新しい恐竜の化石が出てきた〜って話だったんだけど、それを見て私氏は疑問を持っちまったわけよ。

恐竜や動物、お魚は化石が残って、その後人間が化石を掘り返して彼らの存在を確認するに至ってるじゃないですか。そうなると、火葬が主な文化の我々人間は、化石も残らないじゃん?

これから先何百年、何千年後に文化を握る生物は、どうやって我々がいたことを知ることになるんだろうか? そんな疑問を抱いたわけ。

 

韓国は確か土葬文化だったと思うけど、今は火葬後土に埋めるとかも聞いた気がするんだよね、どうだったかなぁ。

f:id:akemi_12mg:20200412212253j:image

恐らくこれからは電子の世界でデータとして書物や画像や、私たちが生きていた証を残していくんだろうけど、それもいつまで続くかわからん。5Gが出たような感じで、もっと違う新しいフォーマットや世界観が生まれてきて、ネットの世界なんてものもあったね〜みたいになるかも知れない。

 

そうなった時、実体も残らない、ネットの世界もどうなっていくかもわからない。みたいなことを考えると、やっぱりリアルで自分のブログやなんなりを本とかの実体で残しておくことって必要になってくるんじゃないかなぁ。

 

私の予想だと、人はこれから電脳世界で自分の理想のアバターで1日の大部分を生活することができる〜みたいな世界には突入していくと思う。見てない人にはわからんと思うけど、映画のレディプレイヤーワンみたいな世界観をイメージしている私は。

でも結局人間、実体がないと魂も保つことができないと思うし、いやその辺もそのうち魂第六感を永久保存するみたいな技術も生まれるかも知れない。人の魂を永遠に生かすとかあったらどうなっちゃうんだろうねー、怖くはあるよね。

まぁ、魂は実体から生まれるからのぅ。実体は大事にしていきたいよね。

 

まぁ何が言いたいかっていうと、後世に自分の意思を残す意味でも、ブログを本にするっていうのは面白そうだよなぁってことや。

 

そういえば9日にブログ再開設2周年だったんだけど、完全にそれどころじゃなくてスルーしちゃったわね。これからはなるべく病み記事とかは書かず、記録として使える記事を書いていきたいよなぁとか、思うわねぇ。

私氏も安定したメンタルを手に入れたい。

不安定になっても、今日みたいに上手に文章を書くことでフラットな状態へ自分を持っていくようなことをやっていきたいねぇ。

 

まぁ差し当たってこれから本にする! とかじゃないけど、なるべく自分や人を傷つけない記事を書くよう心がけていきたいと改めて思う今日この頃なのであった。

 

 

読んでくださりありがとうございました。