優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

がんばれ負けるなクリスタ道

スポンサードリンク

最近ブログ書き始めるのが遅れがち。

今日も本来更新するはずの時間の10分後の21時40分から書き始めている。

オヨヨ。

昼間の作業を始めると際限なく集中しちゃうのだめね。

今日はなんの作業に夢中になっていたかというと、クリスタの体験版のセッティング。

 

クリスタの体験版を入れてみたら

せっかくMacでの作業環境が整ったし、Macのアルパカは筆圧感知が上手くいかないしで、ずっと使ってみたかったクリップスタジオペイントを入れてみた。

私氏、アルパカとフォトショしか使ったことなかった民だから割と新境地。

 

入れて、よっしゃーと思ったら、まず環境設定まわりから色々いじることになった。

まず、私は夫さんから授かりしディスプレイとMacBookを繋いでデュアルディスプレイにしているんだけど、この設定に引っ張られてペンタブの線が妙に横に伸びる不具合を調整した。

これはタブレットドライバでちょちょいなと設定をサブディスプレイオンリーでペンタブが起動するように変更したらなんとかなった。

 

そんでこれもデュアルゆえのトラブルで、ツールがMacBook側に寄っているのを全部サブディスプレイに持って行くのに地味に体力を使った。前のアルパカに近い配置にしたいなーと思ったんだけど、それにしては表示されているツールがめちゃんこ多い。

これを整理しながら配置し直すのが大変だった。

 

で、やっとちゃんと線を引けるぞーと描き始めた。

f:id:akemi_12mg:20210325173425p:plain

試し描きのトリ氏

使い勝手違い過ぎワロタ。

いや、当然と言えば当然なんですけど…アルパカ似というよりは完全にフォトショのお絵描き強化版って感じがする。

ペンの感度もアルパカの3000倍って感じ(伝わらないで)(察せよ)。

いや、本当にペンの感度がすごくてたまげたなぁ。

ペンの感度がいいから、文字は書きやすいね。いやそれは本来の用途とは違うけど。

 

それとアルパカは線画からレイヤーを分けて、色を塗るのが簡単だったんね。

線画を表示させている限りどのレイヤーからでも線画内のみにバケツをぶちまけることができた。代わりに背景を塗りつぶすときに必ず線画を非表示にする必要があったんだけど。

それがクリスタだと線画から範囲を選択してからレイヤーを分けないと線画内にバケツをぶちまけられない。これはフォトショと一緒だけど、「あ、クリスタもか〜」とびっくりした事項だった。

どうも陰影の塗り込みも、ただほっそい線で囲んでバケツビシャでは塗りきれない感じだから、これから相当苦労する未来がうっすらと。

 

私が今までアルパカでやっていた技法が全く役に立たなそう。

慣れるまでしばらくかかりそう。

今「もっと早くクリスタで練習したかった」って思い始めてる。

でも大丈夫。

絵を描きたいというやる気と根気だけはあります!

 

それで乗り切っていこう。このクリスタロードをよぉ!

 

 

読んでくださりありがとうございました。