優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

モーリーファンタジー

スポンサードリンク

何はともあれ、白湯がうまい。

白湯が、うまいなぁ〜。

うま…うま……。

 

うま……うま……。

 

う…。

 

優しさ12mg 完

 

 

終わりません

近年稀に見る何書けばいいかわからん期やなぁ。

むしろいつも何書いていたっけか…。

こんな時のためのこよみモードですよ。

一年前に何を書いていたか、プレイバックじゃい!!!

www.akemi-12mg.net

はい、ヨーロッパの城に住みたいという話題でした。

想像以上に他愛のない話で私氏びっくり。

 

むしろこのブログに意味のある時があったか?

何かしらの逞しいメッセージを世に送り出したことがあったか?

否。

ほぼない。

 

以前働き方の記事でスマニュー砲をいただいたことこそあったが、その一回だったね。

まぁ〜今は絶賛無職タイムだから、働き方なんて高尚に語っている場合ではないのである。近々また企業見学会に参加してくるのである。

 

そんないまいちうだつの上がらない小規模な生活雑記ブログを運営している私氏である。

まぁ働き方とか生き方について考えてる暇があったら、ヨーロッパのお城に住むならどんな風に住むかという逞しい妄想を繰り広げていた方が断然建設的ではある。想像力で世界を回すのです。

働き方ってのは実際働きながら考えるものであって、無職の間に考えるものではないし。

生き方ってのは考え出すと沼だし、考えた結果理想通りに生きられると問われればそうでもないし、結局目の前に転がる様々なミッションをこなすことで自分なりの経験値を積み上げて少しでも面白い奴になっていくしかない、というFA(ファイナルアンサー)は出ているのである。

 

だったら時間が許すならヨーロッパのお城に住む時の妄想をしていた方が本人も楽しいし、思わぬアイディアが生まれていいじゃない。堅苦しいことばっかり考えて生きてられるほど私の性格は真面目ではない。

全てはヨーロッパのお城に通ずるわけですよ。それはなんか違うな?

f:id:akemi_12mg:20201205170029p:plain

森の暮らし

で、まぁ今日は森の戦士ボノロンのことを思い出していたわけだけど。

(記事も終盤に差し掛かって突然のボノロン)

森の戦士というか、森の生活ってなんか憧れるよね。

木で彫った器に森で採れたものを煮込んだスープを入れて、木の匙で食べるねん。

そんで焚き火を囲んで、図らず打ち勝った戦友熊の毛皮をかけて寝るねん。

起きたら木を切り倒して私氏オリジナルのログハウスを作るねん。拠点やねん。

そんでいい頃合いになったら狩りをするけど、私氏基本的に鈍臭いから木の実しか採れないねん。そうして木の実を食べる生活をしていたら気がつくとスリムなバディに…(恍惚)。

よくよく考えたらこういう生活を体験できるゲーム、ありますね。

 

 

Minecraftっていうんですけど。

 

 

Minecraftのステマでもなければダイマでもありませんでした。

以上どうでもいいことばかりを並べてグツグツ煮込んでバンボシュという感じの記事でした。

勇気で世界を変えていけ(?)。

 

 

読んでくださりありがとうございました。