優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

夫婦になるという覚悟の話

スポンサードリンク

寒すぎじゃない???

 

北風で、布団も吹っ飛んだわーーーーー。

 

 

 

ウッ。

 

 

夫婦とは何ぞやとかそういうアレ

今日はセンシティブなお話を書こうと思う。

夫さんと私と、ヤキモチの話。

 

まぁ端的に申し上げますと私は嫉妬深い方だと思う。付き合いたての頃は夫さん(当時は彼さん)に絡んでくる女の人に結構ビクビクしているところがあった。

それもこれもやはり自分に自信が無かったからだろう。

まぁそういう夫さんが女性とTwitter上やコメントで絡む、というのも徐々に見慣れてきて何とも思わなくなった。

そもそも私はTwitterではバリバリのギャルゲクラスタだったから、古い付き合いのフォロワーはほぼ男なわけだ。そういう奴らからクソリプが飛んでくることなんか日常茶飯事だし、私と同じように夫さんにも気を使わせているかもしれない。とも思って気にしないようにやってきている。

 

また、そういうギャルゲクラスタと仲良く話すはいいけれど、あまり突っ込んだ話や親密な感じは出さないで話そうと心がけている。

f:id:akemi_12mg:20200206214029p:plain

覚悟、足りてる?

ましてや今となっては結婚して夫婦になったので、今までより夫さんを立てようと思いながら周囲との関わり方を考えていっているところである。

夫さんを立てながら関わるということは、相手に変な気を抱かせるような関わり方をしないだとか(以前そういうことはありえないと思って気さくに声をかけていって、恋愛感情のもつれに繋がったことが幾度かある…)、夫さんが見て不愉快に思わないような関わり方をするだとか、そういう関わり方である。

そのために突っ込みたいけど突っ込まなかった話題もある。でも私はそれでよかったと思っている。好き勝手に放言していくのは楽しいし、適当に周りと駄弁りながら関係を作っていくのも楽しい。でもこれからは妻である私の役割は夫さんを立てることであり、この役割は一生モノである。そう思えばもう昔のように仲間とくだらないやり取りをすることは諦めるべきだと自然に察した。多分それが所帯を構えるということなんだと思う。

私は旧姓の実家で年老いていく両親を置いて夫さんの家に嫁ぐことを決めた。正直沖縄まで引っ越すことを決意するのは生半可な覚悟ではなかった。実際入籍前夜は不安だけど頑張らなければならない、もう旧姓には戻れないのだという決意など、様々な感情が交錯しぼろぼろと涙が止まらなくなったりした。

それでも私は自分で決めた相手と、これから自分で選んだ道を歩いていく。夫さんとは持ちつ持たれつ支え合いながらやっていかないといけない。私と夫さんの頼れる味方は常にお互いだという認識を共有していきたいと思っている。

 

母が私に言った言葉がある。

「パートナーがいる人間は、それ以外の異性に対して『この人と関わるといいことありそう』だとか『楽しそう』だとか、そういった余計な打算を持ってはいけない。それは自分の隙に繋がるからだ」

この言葉の意味は最初は解らなかったけれど、徐々にわかってきた。

いやー、言葉の意味の通りなんだけど、例えば私が職場の男性職員と話していて「二人でご飯を食べに行こう」と誘われたとするじゃない?

この時私にパートナーがいるのに「楽しそう」と思ったら、ソレはもうアウトじゃん? 一般的にパートナーが既にいるならそのことを伝えて断るじゃん。

そういうことを母は言っていたんだと思う。

 

私達はまだ一緒に暮らしていないし、入籍して1か月しか経っていない夫婦だし、まだまだ何もわかっていないことってあると思うんです。

それでも、いやだからこそか。大切にするべき指針みたいなのは共有していった方がいいんだろうなーと思ったりもする。私は夫さんがどう思ってるかは解らないけれど、私は自分がされたら嫌なことはなるべくしたくないと思うんだわ。

別に異性と話すな、私だけを見ろ、そんな我儘言いたい訳じゃないんだよ。アラサーにもなってそこまでガキンチョではいられないでしょ流石に。

束縛なんかする気も無いし、むしろしたくないけど、それでも私のことを思い出したりしながら生活をして欲しい。

そんなことを思ったのでした。

 

男女関係は難しいですね(月並み)。

おわり!!!

 

 

読んでくださりありがとうございました。