優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

ブロガーとして終わってても人間はやめんなよ

スポンサードリンク

想像を絶するメンタルの辛さだけれど、テコでも書いてやるという強い気持ちを持ってなんとか1,000文字を駆け抜けようと思うのである。

とはいっても脳内が大方書くことができないようなぼややんとした絶望的なサムシングに包まれているので、中々難しいんじゃない? っていうのが今のところの本音。

まぁ、書くしかないので。

それがひとりSM入門中ポエムブロガーでありブロゴナニストの私ちゃんの試練ってこと。

 

 

そもそも書けない時って何が起こってるの?

まー、アレやねぇ。

異常なほどの短文で終わっている時は、それだけ書いて終わらせようとしているわけでは決してなくてだね。バッチリ1,000字近い文章を書いた後にクソ病み大将軍がやって来て文章総デリートしてしまうんだよね。まぁ~勿体ないことをしている。

総デリートに至る感情としては、「こんなの読んでも不快なだけだ」「もっとなんとかまともな文章で上げなきゃ」「病んだことをそのまま書いて自分の身を滅ぼさないか」とか自分や周りに過度に注意を払って結果デリートしてしまうね。

正直、今の内容も言い訳も甚だしいし消えてる以上証拠も無いことだから、負け惜しみと言われても仕方ないという内容で非常に恥ずかしいんだけど。

 

そもそも私は人間として軸がブレ過ぎているので、一定のテンションで毎日文章を書くことはおろか、一定のテンションを装うことすらできないんだよね。これすっごい欠点で、人間としても大人としても品位を疑われることだと思う。

だから、「病んだ時こそその出来事を面白おかしく~」とか考えはするんだけど、もう脳が自分を責めることしかできてないからそういう方面に回そう回そうとしても結局自分を痛めつけて終わる文章になりがち。

だから、辛いこととはまったく違う話題でブログを書くとか、そういう目くらましはちょとずつしているんだけど、どうしてもダメな時は本当にデリートしてしまう。

 

まぁ要するにアレなんすよね

本当に、メンヘラブログとしてはいい線いってるかも知れないけど、ブログ全体を見回せば結構私のブログはクオリティが低くて。誰かに何かを訴えかける力も無ければ文章のギミックがあるわけでもなく、勢いとその場のテンションで書いた誰の得にもならない自分の心のドブを吐き出して満足しているだけのブログなんだよね。

文章には人間性が出るからね、これは私という人間の質がこの程度だからこんな感じに収まってしまっているわけだ。なんかもうこのことに対してどうにかしないととか思うのはやめたけど今結構病んでるからなんとなく自分の現実を直視しちゃってる感じなワケよ。

 

何かあると私はすぐに自分を攻撃する。

だって人のせいにするほうが辛いから。

人のせいにしたとして、相手に謝られても全然気持ち良くない。

だったら自分を責めて突き詰めて改善の一手を考えた方が気持ちが楽。

私は周りの人間の事を気にして行動しているように見えて、実はその人たちに自分がどう見えているかしか興味が無いから、結局興味の対象は自分だけで周りにはあんまり興味を持っていないね。私は周りの人が病んでいても一緒に病んであげることや、釣られて病むこともできない。そこまで興味を示していないし、自分の生活を優先させないといけないから。

このブログで多分以前書いたことがあったんだけど、私はよく母親に「あなたは冷たい人間だ」って言われていたんだよね。言われた当時こそショックだったけど、今となってはそう言われた理由もわかるわい。

 

脱線之介

まぁ話がアチコチ行ったけど、今日は病んでも1,000文字書いたるという名目で書き始めたからこれでいいやって思っておくわい。

これからはクソ病んで、まともな文章書くのが厳しくてもなんとかそのまま1,000文字上げていけるように考えてみようかなーと思った。

そういうことだ。

生きていればいいんだよ、別にもうあとはなんでも。

 

 

読んでくださりありがとうございました。