優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

土曜日徒然、成長物語。

f:id:akemi_12mg:20190112210622p:plain

威風堂々としていたいもんだ。

威風堂々とはかけ離れた自分だけどな!!!

威厳…食べ物かな? 威厳美味しいムシャムシャ……バリムシャ……。

 

そして次の日目を覚ますと、私は威厳に満ち満ちた、威風堂々な人間になっていた!

何もしていないのに周りが自分に一目を置いている。

何も言わないのに周りが自分に頭を下げる。

それに対し私は朗らかに微笑んで手を上げ挨拶。

すると群衆は色めき立った歓声を上げる。

すごいぞ、威厳というのは!!! まるで別人になったかのようだ!!!

私ちゃんは驚きとともに妙な感慨深さを感じていた……。

 

なんか違うな……軽く妄想してみたけど、なんか違うぜ……。

多分こうなっても嬉しくないんだろうなぁ。

実力や能力は自分の努力で身につけるから自分の手足のように使えるようになるわけで、それを食べたからって一朝一夕で身についたものなんてハリボテもいいとこだよねぇ。実力や能力は努力で身につけるほか自分のものにする方法が無いから、いざ身につけられた時使いこなせるし、輝くんだろうなぁ。

あたりまえ体操~~~~~~。

 

そもそも威厳って食えるの?

 

 

 

さて、話は変わりまして今日は友人とランチに行ってきたぞ~。

そこで友人のヤバめな恋愛トークを聞いて戦慄したりもした。

まぁ妙齢の女二人で話すことといえば恋愛の事ばかりですよ。

 

ランチの後、地元では珍しい珈琲専門店に行ってテイクアウトでドリップコーヒーを頂いた。友人はブラックでコーヒーを飲んだことがないらしかったけど、美味しそうに店長さんの淹れたコーヒーを飲んでいてなんだか嬉しかったなぁ。

そこで店長さんにフィルターによるコーヒーの味の違いとか、おすすめの豆とかを聞いて、200gほど豆を購入して帰った。

 

帰りがけに、美術館の交流スペースで古本市をやっているという情報を耳にしたので立ち寄ってみた。

するとそこには3,000円はしそうな、パブロ・ピカソのキュビスム期以前の作品を集めた画集がまさかの400円で置いてあったので、思わず買ってしまった。

美術は詳しいことは知らないけど、綺麗な絵は西洋東洋アニメ芸術関わらず好き。

 

そんで友人と別れてからケータイショップに行って店員さんにものすごい勢いで質問をしてきた。iPhoneXsを2年払いで買うというアホアホぽんをやらかしたのだけど、次回からはもっと賢くお買い物しようと思った次第である。

何事も知識と実用が大事!!!

 

 

 

ここまで今日の記録で、ここから蛇足。

 

 

 

ケータイに限らず最近、年齢ばかり大人になったせいか疑問に思って自分で調べないと誰も何も教えてくれないから、自分で能動的に知識を求めていくことが大事なんだなって実感しているんだ。これ、ある程度の年齢になった段階で気付かないと本当に後々苦労するんだろうなって思う。

私も現に今、本体料金を2年払いにしたせいで携帯料金がすごいことになっていて、自分の無知さを呪っているところだよ。

多分私は能動的に知識を身につけることの重要性に気付くのが遅かったんだろうな。

しかし気付けただけマシだと思うことにしよう。これから一日の時間の割り振りをしっかりしてますます勉強を頑張っていこう。

 

一昨日あたりから「自分嫌い嫌い期」に入っている気がする。周りのすごさに気付いて自分の無能さに嫌気が差してる。気が滅入る情報は遮断していって、少しずつ自分を褒めて機嫌取っていこう。

馬鹿な方が幸せというのは的を射ている意見だと思うんだけど、それはあまりにも悲しすぎると思うんだよなぁ……幸せな人はある種賢いから幸せな環境を自分で作っていけているんだと思いたい。しかしなんでこんなこと考えてるんだろ。

 

思考が漂流し始めたのぅ。

とにかく、人と比べて自分の無能さを責めるのはやめなさいってことだよ。

 

小さな抵抗をするのであれば、私だって人が持っていないものを持ってるんだ!!!

私の人当たりの柔らかさは他の誰にも真似できるものじゃない。こういう雰囲気の柔らかさは人生経験とか性格とかが出るものだと思うから、私はそこを誇りに思うべきだ。

あと、海老名や姫子のような可愛い女の子が描ける! 専門書や講座に頼ることなく、絵を描くのが好きというだけの完全独学でここまで上達したのはすごいことだぞ多分。

上を見たらキリがない。下を見たら引っ張られる。

今自分が持ってるもんを見つめていくぞい!!!

 

こういうことを書いて自分を奮起させることで、自分嫌い嫌い期を上手に乗りこなしていこう。

ここに飲まれたらいつもの私だ。

私はちょっとずつ強くなっていきます。

力をくれて、更に色々教えてくれるあけみキッズや、読者の皆さんにもいつも感謝しています。

 

 

読んでくださりありがとうございました。