優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

【映画感想】パラサイト 半地下の家族

スポンサードリンク

『パラサイト 半地下の家族』を見てきたぞ!

道中オープン前のドラッグストアにとんでもないマスク待ちの行列ができていたり、普通に残り3箱くらいで危うかったのでティッシュを買いにスーパーに入ったら紙類が壊滅的に売り切れていたり、なんだここディストピアか?と思ったりもしたけれど、私ちゃんはゆっくりと紅茶花伝を飲みながら映画館に到着。

映画館が入っているモールも閑散としていたわね。人が少ないのはリニューアル工事のためだけでは無さそうだった。まぁちょうど良い人混みで私的には「毎週こうであれ」という具合だったけどね!!!

 

と、そうだパラサイトの感想だ。

抽象的に書こうと思うけれど、ネタバレを気にする人は読まないほうがいいです。

 

パラサイト 半地下の家族 感想

物語はスマホのwi-fiが入らなくなったという描写から始まる、かなり現代の韓国が舞台だ。時にコミカルな演出があったりドラマチックな展開の物語だったりで、想像していたよりもずっとエンタメ映画として飽きない作りになっていたなと思った。

でも正直私はこの作品の中の物語の展開は添え物だと思っていて。この映画の本当にすごいところは貧富の差とそれに付随するそれぞれの生き方の差を克明に浮き上がらせた描写だと思う。

それと、またすごいのは、多分韓国のエンタメ作品では珍しいんだよね、貧困層にスポットを当てること自体が。これに関してはあまり詳しくないからなんとも言えないけど、でも母がいつも見ている韓国映画ないし韓国ドラマはエリートや富裕層の物語がとにかく多いのだ。だから私的には韓国の貧困層の人の物語、というのはかなり興味深い題材だと思った。だからね、なんか見ていても主人公家族が寄生する富裕層の人の家の方が韓流作品としては馴染みがあったもんね。

 

それにしても超学歴社会と言われてる韓国だけど、まさか貧富の差がここまで大きくなってるとは思わなかったなぁ…。うちの母の兄弟たちは比較的富裕層にあたる人々だから、ここまで貧困にあえいでいる人がいるってことを知る由が無かったんだよね。

f:id:akemi_12mg:20200301210722j:plain

PARASITE

なんか、万引き家族といい、ジョーカーといい、このパラサイトといい、最近は世界的に貧困にスポットを当てるのがトレンドになりつつあるのかな?

なんか、経済が上向くほど貧富の差は大きくなっていくらしいよね、世界の経済は大きく成長し続けているってことはつまりそういうことなんだろうなぁ。

かくいう私も障害者雇用で最低賃金にひょろ毛が生えてるくらいの賃金でパートタイマーだ。今でも十二分に貧困層だけど、年金というセーフティネットがなくなれば間違いなく極貧瀕死丸に転落である。極貧瀕死丸は怖いぞ…高校卒業直後は年金貰わずにパートタイマーだったからまごうこと無きワーキングプアだった。

正規雇用で雇われてぇよ……俺に健常な力があれば…!

 

話が逸れたな。

 

私はパラサイト、悪くない映画だと思ったなぁ。終盤の展開は少しエンタメに寄せ過ぎた気もするけど、でも貧困家庭の転落劇という救い無さはひしひしと伝わってきたかな…。

いやぁ~本当、すごい映画だったわ。韓国のエンタメはついにここまで来たかって感じだ。

 

 

読んでくださりありがとうございました。