優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

トラウマは劇的には乗り越えられないことに気付いた

スポンサードリンク

不肖あけみダイナミック!!!

世界の真理に気付いてしまったであります!!!

 

それ即ち…

 

過去は劇的には乗り越えられないという事であります!!!

 

世界の真理

何言ってんだおめーという指摘はとりあえず置いておいて。

今日お風呂入っている時に、気付いちゃったんだ。私氏。

 

まぁそこに至るまでの私の思考チャートを可視化してみよう。とりあえずそこからだ。

 

いつものように夫さん尊い可愛い、いつでもアタイは貴方をhshsする用意は出来ているからね…! と思っていたわけ。そこでふと、お義母さんが言っていたことを思い出したん。あ、ここから回想ね。

「あの子も昔はいじめられてね、大変だったのよ」

一度夫さんにそのことを何の気なしに聞いたことがあった。「お義母さんがそんな感じのことを言っていましたねぇ」みたいな感じで。

その時夫さんは「別にもうそういうのどうでも良いんだわ」と本当にスーンって感じで語っていた。私はその時「過去を乗り越えるってすごいな〜」的なことをアホ面丸出しで言っていた。

で、話は現在の風呂タイムに戻って。

「夫さんはたくましくてすごいお人ですじゃ…」

とザザーっとシャワーを浴びていた時、チョロロンと私のことに意識が向いて。

そういえば私はどうだろう。最近はあの地獄の発病期やらいじめられ期のことをさして気にしていないで生活している気がするなぁ。

少なくとも過去のトラウマが頭の片隅をノックして「ああ私はなんてダメな奴なんだ」発狂コースは久しく歩んでいない。

せいぜい「あの知り合いの小説更新止まっているけど続きは来ないのかなぁ」くらいしか思い出すことなくなったわね。

 

その時よ。

その時歴史が動いたんです!!!

あ、過去って劇的には乗り越えられないんだ…。

 

っていよいよ気付いてしまったわけよ。この時もう風呂上がってる(その実況はいらない)。

過去のトラウマっていうのは、ちょっとずつちょっとずつ、時間と、楽しい体験とで薄めていって、初めて救われるのだと私氏はいよいよ気付いてしまった。

いや、まだ完全に薄まったとは言い切れんよ?

でももう当時の気持ちを追体験するような、そういうえげつない精神状態にまで追い込まれるほど過去をさして気にしなくなった感じはある。今新婚で幸せMAXだからというのもあるかも知れないけど、多分この調子で流していけば本当に人生の先輩の皆さんが言っていたように30代に入る頃には綺麗に気にしなくなっているかも知れない。

傷は時が癒すっていうのは本当なんだわね。

まぁバウムクーヘンみたいに、私がその頃受けた傷っていうのは今の私の心のあり方にある程度影響は与えていると思う。でもそれがどうしたって感じだ。

 

これ結構大発見だったなぁ。

例え劇的に嬉しいことがあっても、そのうちそれは静かに止んでまた過去のトラウマっていうのはジュクジュクと燻り始める。それは事実だ。でも、それを5年10年繰り返すとどうだろう。

BUMP OF CHIKCENの藤原基央もHAPPYという名曲の中でこう歌っていたやん?

優しい言葉の雨は乾く 他人事の様な虹がかかる

なんか食おうぜ そんで行こうぜ

これほど容易く日は昇る

 

悲しみは消えるというなら 喜びだってそういうものだろう

誰に祈って救われる それよりも大切な手を取って

 

HAPPY / 作詞:藤原基央 

この歌詞は相当大きな衝撃であった。

そしてこの歌詞の意味をやっと少しずつ理解しつつあるのであった。

 

人生っていうのが劇的に好転することないように、私たちのトラウマっていうものは日々の繰り返しの中で少しずつ乗り越えられていくものなんや。

いやぁ〜。

 

よかった。

この人生のカラクリに気付けた。

生きていてよかった。

あの日あの時、何度となく自死の道を歩こうとしたけど、今なら生きていてよかったと言える。私はこれからも生きていきます。

 

気付かせてくれた夫さんや、病むたび暖かい言葉や心配の言葉をくれたあけみキッズには感謝しかないでごわす。

この文章読んでいる人には私がなんでここまで感動しているか伝わらないかも知れないけど、私はお陰様で前を見て歩き始めることができそうです。これは今日始まることだけど、今この瞬間変わることはできないから、また少しずつ前向きに前向きに生きていくための努力をしていこう。

たまに調子悪い時とかあるかも知れないけど、そのくらいご愛嬌ですよ。むしろちょっと調子悪い、くらいで済んでいるだけ最近の不調なんて可愛いものじゃ…(今まで調子を崩すと地の底まで病んで生きるか死ぬかのチキンレースを繰り広げていた)。

f:id:akemi_12mg:20200519215405j:image

と、いうわけで私はまたしばらく生きるからあけみキッズ各位はヨロピク。

 

 

読んでくださりありがとうございました。