優しさ12mg

疲れたら立ち止まろう。

優しさ12mg

第二回百合文芸小説コンテスト出品作品「彗星の如く私たち」を公開しました

スポンサードリンク

ぴえぇぇぇえぇええええぇぇぇぇ!!!

よかった!!!

本当に!

よかった!

百合文芸小説コンテストの出品作品!!!

完成、間に合った!!!

 

あびゃー!!!

 

彗星の如く私たち

www.pixiv.net

本当にさー。

今回も御ブロ友のシィータソルト(id:shixi-tasolt)さんに誘われての参加だったんだけど、なんせこの数か月バタバタのバタ子さんを極めていてだね。マッジで、マッジで今回間に合わないかと思った。

誘われたときは「3作品くらい書いちゃおうかなー」とかドチャクソな余裕をかましていたんだけれど、実際その期間に入るとITパスポートとか飲み会とか旅とかがドンドンドカンと重なって小説どころの騒ぎじゃなくなっていたのマジで見積もりの甘さの極みみたいな感じだわ。

そんで締め切りギリでとりかかってなんとか出来上がった小説はとんでもないカオス!

でも私にしては珍しい意外な展開が作れたんじゃないかと思う。

兎にも角にも完成させられてよかった。

 

約束を守れないのはイクナイって思ってたし、もう令和小説大賞の悲劇を繰り返したくないと思ってさ……本当によかった。

令和小説大賞もスケジュール管理完全にミスったよね。

まぁ終わったことは教訓にして置いておいて。

 

私の小説執筆スタイルというか創作スタイルは、やりたいときにズバズバー!

という完全な直情型のスタイルだから、短期集中で仕上げるタイプの創作物に向いているのよね。だからなのか今まで完成させられた長編って3作しかないんだよな。

ひとつは高校生の時書いた「SUPER BLUE PLANET!」っていう地球外美少女と普通の男子中学生が繰り広げるドタバタラブコメだった。1章完結型で計4章12万字は書いた。ただ私ちゃん史上最大のこの創作物……データもう残ってないんだわ。

楽天ブログで連載してて、小説ランキングにも参加していた。そんなに人気はなかった。

f:id:akemi_12mg:20200107214920p:plain

SUPER BLUE PLANET!の主人公ズ

もうひとつは高校休学中に書いた「風船彼女」で、コレは笑いの方に重きを置いたラブコメだわ。ネット小説ランキングで結構いいとこいったから後々同人誌化して新潟ティアとガタケで領布した。2冊手に取ってもらえました(白目)。今はもう手元に一冊しか残していません。

で、三作目が「植物のように穏やかな師弟愛」をテーマに掲げた「まこりん、かきあげる。」で、2社小説大賞に投稿したけどどちらも一次落ちでした。評価を頂いたところによると、盛り上がりが無くて展開が平易なのが敗因だったらしい。確かにドラマチックではないよなー。植物のように穏やかに書くならもっと描写が上手にならないといけないよなーと思う。

中編で書いた「夕焼けリーベ」は私的にすごい異質な作品だったなぁ。

あれは確か風船彼女とまこりんの間、社会人2年目くらいの時に書いたんだわ。

今思うと本当になんであんな小説書けたんだろうって不思議に思うラブストーリーですわ。

 

まぁ~今回の百合文芸のお話も私の中ではかなーり異質な作品になっているのでよかったら……。

 

とにかく、大仕事の百合文芸が終わったし!

氏名変更の事務手続きは20日以降じゃないと動き出せない感じだし!

20日くらいまでは何も考えず余暇を楽しめる日々がやって来そうよ~!

これを機に読書とかゲームプレイとか楽しんじゃおう~。

 

 

読んでくださりありがとうございました。